ほっぺたの肉 落とす

深層筋とは

人の体には、表にある表層筋と奥にある深層筋があります。

 

表層筋は強い筋力を持ち、体を動かす働きがあり、その表層筋を支えているのは、骨と骨をつないでいる深層筋なのです。
この深層筋、最近よく耳にするようになったインナーマッスルのことなんです!

 

そして、顔にも皮膚の下にある表情筋の奥に深層筋があるのです!
そんな深層筋について説明します。

 

深層筋とは?

表情を作る働きのある表情筋の下で骨とくっつき表情筋を支えているのが深層筋です。さらに、深層筋は血液からの栄養を運び、老廃物を取り除くポンプのような働きもしています。
顔の深層筋は、側頭筋と咬筋があります。

  • ・側頭筋
  •  :耳の中心より上からこめかみ部分にかけてある筋肉で咬筋を支えている

  • ・咬筋
  •  :頬骨から下顎の外側(エラ部分)辺りにかけて広がる筋肉
      咀嚼をするときに使われ、下顎を引っ張りああげる働きがあり、とても強い筋肉

 

深層筋が衰えると?

表情筋を支える働きが弱くなることに加え、ポンプとしての働きが悪くなるため、栄養が滞り表情筋に老廃物が溜まり表情筋までもが衰えてしまいます。そして表情筋が衰えると、その上にある皮下脂肪や皮膚を支えられなくなり、 たるみやシワの原因につながるのです。

 

深層筋の衰えチェック

側頭筋:顔の両側の側頭部に人差し指・中指・薬指の3本をあてて、押したりグリグリと回してみたときに固かったり痛みがある
咬筋:ほっぺたの咬筋のところに人差し指・中指・薬指の3本をあててグリグリと回してみたときに固かったり痛みがある

 

使われないい筋肉、とくに奥にある深層筋は凝り固まりますいのです。その状態で表情筋を鍛えても効果がありません。まず、凝り固まった深層筋をほぐし、表情筋が動きやすい状態をつくってあげることが大切です。