ほっぺたの肉 落とす

美容効果に一番良い周波数は?

超音波美顔器には、いくつかの周波数を使えるようになっています。
主な周波数は1メガヘルツ、2メガヘルツ、5メガヘルツで、最近は8メガヘルツを選択できるものも出てきています。

 

1メガヘルツ(100万回/秒の振動数)

最も肌の深いところまで振動が届きます。
お腹やおしりなど脂肪が厚いところへの使用は効果があるのですが、顔の肌は薄く、振動が脳にまで影響する可能性があるので、顔への使用には適しません。

2メガヘルツ(200万回/秒の振動数)

真皮の奥まで振動が届きます。
そのため、美容成分を肌の奥深くに浸透させるには大変適した振動数です。

 

5メガヘルツ(500万回/秒の振動数)

振動が細かいため、肌の表面程度にしか伝わりません。
クレンジングやマッサージとしての効果には適していますが、肌の奥に美容成分を届けるには適していません。